チェックポイント(1)耐震性能

チェックポイント(1)耐震性能

内装を確認する前に、いつ建てられた建物なのかをチェック

近年大きな地震が日本各地で立て続けに起き、もはや日本のどこにいても地震から逃げられない状況となっています。地震はいつ何時、どこで起きるかわかりません。だからこそ、物件を選ぶ時にしっかりと確認しておきたいのが建物自体の耐震性能。特にマンションのリノベーション物件は、室内の綺麗さやレイアウトの美しさなど“内側”ばかりに目を奪われがちですが、その前に、まずは建物そのもの耐震性能を確認することが大切です。こればかりは、住人があとから補強することもできませんから、正しい情報を入手して危険そうな物件を避けていくしか方法がありません。 建物の耐震性能を判断する大きな基準のひとつが、そのマンションがいつ建てられたかということ。1981年(昭和56)6月よりも前に建築されたマンションは、震度5以上の地震がきた場合には倒壊する恐れがあるため、避けた方がいいでしょう。1981年(昭和56)6月1日には「新耐震基準」が導入されていますから、それ以降に建築されたマンションは新しい耐震基準が適用され、地震に強い構造になっています。

そのなかでも耐震構造や制震構造、免震構造など様々な工法があるため、建物自体がどんな構造になっているかをリノベーション業者にあらかじめ確認しておきましょう。まっとうな業者ならば、きちんと説明してくれるはずです。逆に、ハッキリ答えられない・曖昧にぼかす場合は要注意。業者が知識不足の可能性があり、危険です。

専有部分の地震対策もしっかりと。不安ならば耐震診断も

建物そのものの耐震性能が確認できたら、次は室内の地震対策の確認を。家具の配置はもちろん、収納がどこにあるか、地震の際に開きにくい引き戸を使用しているかどうか、などを細かくチェックしましょう。

しかし、柱の作りなどがきちんと地震に耐えられるかどうかは素人目だけでは判断できません。そこで、プロの耐震診断を利用するのもオススメ。今後起こりうる地震に対して、どの程度ダメージを受けるのか、などを計算から導き出してくれます。もちろん、プロに頼めば有料となります。しかも、決して安い金額ではありませんが、耐震性に不安のある家を購入してしまって補強を行わなけれればならないことを考えたら、事前に“安心を購入”するつもりで利用しておく方が賢いかもしれません。特に耐震性能の有無は、ひとたび災害が起きれば、命に関わる重要な問題です。いくら慎重になっても、慎重になりすぎるということはありません。